普及啓発

普及啓発の概要・目指していること

”生物多様性”という言葉の認知度は若者をはじめ圧倒的に低く、生物多様性を保全することのできる人材も減っているという問題があります。そこで私達は、小学生〜大学生を対象に、生物多様性の概念や、生物多様性を保全する活動の意味を普及する活動を行っています。この活動によって生物多様性分野に興味がある若者を増え、生物多様性保全に関わる若者が増やすことを目指しています。

普及啓発企画の紹介

カタリスト

企画の概要

カタリストでは、小学生~大学生を対象に、生物多様性の概念や大切さを普及し、行動につなげてもらうことを目指したイベントを開催しています。2019年~2020年の間は、以下のイベントを開催していました。

みんなでエコラボ!!(新潟・関西・愛知で開催)

環境問題に取り組む学生団体の学生に対し、生物多様性と農業のつながりや自然保護活動について知識を共有し、生物多様性の世界目標、愛知目標を使って魅力ある新しい活動を作るイベントを開催しました。また、生物多様性の愛知目標を企画づくりのツールとして用い、愛知目標からポスト愛知目標へ変わる2020年の重要性について普及啓発を行いました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

最新の活動報告

投稿はありません

最新のイベント情報

投稿はありません

ごとごとプロジェクト

企画の概要

この企画は、「世の中、まるごと、自分ごと」をテーマに、「生物多様性」とは何かを体験を通して学び、生物多様性を自分ごとにできるイベントづくりを行っています。具体的には、生物多様性を自然の中で体験できる野鳥観察会や、潮干狩りなどを行っています。過去に以下のようなイベントを開催しました。

鳥ちゃんdeビンゴ

野鳥の会の方の協力で、野鳥公園で鳥の観察会を開催しました。観察会により楽しく参加するために、観察ができた鳥でビンゴゲームを行い、野鳥を身近に感じるイベントになりました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

最新の活動報告

投稿はありません

最新のイベント情報

投稿はありません

タイトルとURLをコピーしました